コンテンツ

独学でも大丈夫か?

AFP取得には、AFP認定機関で研修を受ける必要があります。

これはどんな資格の勉強する場合でも同じですが、学習の進め方には「通学」と「通信教育」、「独学」の3つがあります。
そして『ファイナンシャルプランナー(FP)に合格するには、独学でも大丈夫か?それともスクールや通信教育を利用するべきだろうか?』、そんな風に迷っている方も少なくないことでしょう。

私からアドバイスしたいことは、『教材費にかけるお金の余裕がそんなにない』。切実にそう感じている方以外は、できれば独学だけは避けた方がよいということです。もちろん独学でファイナンシャルプランナーの試験に合格できないわけではありません。司法書士や税理士の試験など、FPに比べてずっと難易度の高い国家試験にも、独学で合格している人たちはたくさんいるわけですから。しかも受験のチャンスが年に1度しかない、司法書士や税理士とちがって、ファイナンシャルプランナー(FP)の試験は年に3度も試験日があります。私としても最初は『独学でも大丈夫かな?』とちょっと迷ったりもしました。

しかし私には、2級FP技能士の国家資格と併せてAFPの認定資格も取得しておく必要がありました。その理由は「FPの制度を知りたい」のページで述べた通りです。そしてここがポイントですが、AFPを取得するためには、結局はいずれかのAFP認定機関(通学・通信講座など)で研修を受ける必要があるのです。
その必要があるのなら、『通信講座を積極的に利用してやろう』と私は思いました。
スクールではなく通信講座にした理由は、前職(不動産営業)の性質上、仕事の時間が不規則で、決まった時間に学校に通うのはムリそうだったからです。それに教育のための投資とはいっても、専門学校の授業料はちょっと高いかなという感じもしたからです。

AFP取得のために通過する必要のある通信講座として、私はフォーサイトを選びました。その理由には、フォーサイトのファイナンシャルプランナーの合格率が、全国平均と比べるとかなり高かったことと、CDやDVDのメディア教材まで付いているのに、受講料がとても安くてリーズナブルと感じたからです。
振り返ってみてよい勉強になりました。CDやDVDで音楽や映画を楽しむことはあっても、メディアを使って本格的な勉強をしたのはそれが初めてでした。正直それまで私は、勉強というのはテキストで独学をしたり、教室で先生から教わるものと思い込んでいましたので目からうろこが落ちた思いでした。

結論です。AFP取得にはAFP認定機関での研修が必要です。独学の回り道はムダです。最初から通信講座やスクールを活用するのが賢いです。

 

FPの資格が取りたくなったら⇒勉強法はフォーサイトの通信講座がオススメ!