コンテンツ

FP試験の制度を知りたい

AFPも取得したい方は、迷わず日本FP協会の試験を受けよう!

「2級FP技能士」と「AFP」はどうちがうの?
ファイナンシャルプランナー(FP)になるにはどの機関の試験を受けたらいいの?
ファイナンシャルプランナーの試験制度は、試験の歴史の経緯などもあって少しややこしいです。
最初に整理をしておきたいのは「FP技能士」は国家資格であり、AFPは民間資格であることです。

さて受験をする機関ですが、日本FP協会(NPO法人日本ファイナンシャルプランナーズ)の検定試験を受けてください。特に将来的に独立のことも視野に入れたいみなさんでしたら、迷わず日本FP協会を選びましょう。

理由はシンプルで、日本FP協会の試験でなければ、「AFP」や「CFP」の認定を受けられないからです。独立しても名刺に「AFP認定者」と文字を刻むことができないのです。もちろんAFPの認定があったからといって、それだけで仕事が舞い込んでくるわけではありません(独立開業の世界はそんなには甘くないです!)。しかし、お客様からの信用・信頼の面で、やはりAFPの肩書きにはそれなりの威力があるのです。

単に「ファイナンシャルプランナー 山田太郎」の名刺と、「AFP認定ファイナンシャルプランナー 山田太郎」の名刺では、やはりどこか箔がちがいます。お金に関するご相談というのは、慎重でありかつあまりコチコチにならずに柔らかなやりとりで進める必要があります。そのためにはお客様から信頼してもらうことが大事。身だしなみを整え好印象を持ってもらうことも大切なら、金融のことをよく知っている人なのだと感じていただくことも大切です。AFPの肩書は、そのためにも必要です。

ファイナンシャルプランナーの試験制度には、ここまで紹介してき日本FP協会の試験と、ほかに社団法人 金融財政事情研究会(金財)の試験の2つがあります。試験自体の難易度や取得後に活かせる知識という意味では、どちらの機関もそれほど差はないと私は思っています。金融機関のなかでも特に銀行勤務の方には、いまでも金財の試験を受けている方が多いようですね。それでも相対的に見ると、受験生に人気の高いファイナンシャルプランナー資格は、やはり日本FP協会の資格なのです

ファイナンシャルプランナーとして独立するなら、FP2級(同時にAFP)は最低限取得しておきましょう。1級を持っていることに越したことはないですが、1級の試験は非常に難しいです。私もちょっとは勉強してみましたが、1級試験はまだ受けていません。私が取得しているのは2級FPとAFPの認定のみ。それで十分仕事には通用します

2級の試験はFP3級資格がなくても、実務経験がなくても受験できます。またAFP認定機関(通学・通信講座などたくさんあります)で研修を受けた上で、2級FP技能検定に合格すると、同時にAFP認定資格も取得することができます。開業なども想定して、活用度の高いFP資格を取得したい方には、この道をたどるのが最短であり王道でもあると思います。

 

FPの資格が取りたくなったら⇒勉強法はフォーサイトの通信講座がオススメ!