コンテンツ

もっと知りたいFPの魅力

保険の見直し等を通じ、顧客の家計を交通整理

みなさんの中にも、民間の保険に加入している人は多いでしょう。
それは定期保険ですか?終身保険ですか?それとも養老保険ですか?
あなたが加入しているのは国内生命保険会社ですか?損保系生命保険会社ですか?それとも外資系生命保険会社?あるいはかんぽや生協ですか?
国内か外資かの区別はついても、保険の種類となるとすぐには思い出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ファイナンシャルプランナー(FP)に興味がある、つまり金融のことに何かしらの興味をお持ちのみなさんにしてそうなのですから、このことを世のなか全体に拡大してみますと、日本の保険の事情はものすごく混沌としています。

極々シンプルにその事情を解説しますと、

一般ユーザー 一般の人は一旦保険に加入してしまうとその後のことには無頓着
 
金融機関 保険商品が無数に細分化された。販売チャネルも多様化した
 
景気動向 労働収入が不安定で、毎月通帳から引き落とされる保険料が重荷に!

という構図があります。

勤続年数とともに収入や年収が安定してアップしていたかつては、一般ユーザーは加入した後の保険のことについて、実はあまり考えたりしなかったのです。そして保険商品もいまほど複雑ではありませんでした。

しかし、いま保険をとりまく日本の事情は様変わりをしています。「保険を見直して家計の負担を減らしたい」「保障や貯蓄率が少しでも有利は保険に切り替えたい」、そのような切実な思いがあっても、一般ユーザーでは本当のところどの商品が最適なのか見極めがつけられないのが今日の保険です。

私たち独立系のファイナンシャルプランナー(FP)は、その見直しのお手伝いをして家計の交通整理をします。

「その子供保険は元本割れを起こさないか?」
「保険料の払い込みが定年後まで続く商品ではないか?」
「ご主人がタバコを吸わないならもっと安い保険料で加入できる割引があるはず!」

私たち独立系のファイナンシャルプランナー(FP)は、そのように本当に細かいところまで保険を見ていきます。ご家族の構成や収入、また将来のプランなどを詳細にうかがった上で、家計に負担をかけず損のない、そして将来にも安心感の持てる提案をするのが独立系ファイナンシャルプランナーの役割です。

ですから一口に「保険の見直し」といっても、その仕事の内容は非常に奥が深いです。また保険のアドバイスは、お客様のご家族の人生模様にも気持ちを動かされるウエットな仕事です
「僕がなんとかしてあげなくては」。そのように痛切に感じる場面が多々ありました。扱うのが金融商品だから何かドライな仕事かと思ったら大まちがいですよ。大変ですがやり甲斐があります。

 

FPの資格が取りたくなったら⇒勉強法はフォーサイトの通信講座がオススメ!