コンテンツ

FPの合格率はいくらくらい? 

FP試験の合格率・難易度、3級と2級だったら? 

FPの試験には種類があります。難易度や合格率を論じるときは、なるたけ種類ごとに分けて述べたほうが真実に近づけますね。

<FP協会>と<きんざい>がありますが、受験者がおおぜい集まるきんざいからです。 きんざいの試験では、3級の過去3回の合格率はご覧の通り。
平成26年5月:52.3%
平成26年9月:66.8%
平成27年1月:65.3%

きんざいの2級試験の過去3回の合格率も一緒にどうぞ。
平成26年5月:36.3%
平成26年9月:30.9%
平成27年1月:39.2%

それではFP協会のほうはどうでしょうね? 
FP協会の3級の過去3回分の合格率は……
平成26年5月:93.8%
平成26年9月:81.5%
平成26年9月:81.5%

それから、2級となると? 
平成26年5月:62.3%
平成26年9月:53.3%
平成27年1月:62.4%

きんざいとFP協会の合格率を一度に見ると、後者のほうが、合格率が1.5倍かへたをすると2倍くらい高く見えそうですね。
しかし、きんざいだったら難易度が高くて厳しい試験になるわけではありません! 事態はそんな単純でも甘いものでもありません。
FP協会のほうが、合格率は高いですが試験問題の難易度なんかは実は上です(きんざいのほうが、過半数の受験者に実際に向いていると思っていいくらいです)。

テキストや過去の試験問題を見て、どちらで受けるか念入りに決めたほうがいいですね。

いずれにしても、FP試験の合格率は3級だったらたいしてハードではないでしょう。 2級となるとだいぶハードになりますが。

それでも、いろいろな資格試験の中に混ぜると、目立つ難易度ではなくなります。 結局、素人でも2級までならじゅうぶんに合格を狙える難易度だということです。

 

FPの資格が取りたくなったら⇒勉強法はフォーサイトの通信講座がオススメ!